よくある車のトラブル

トラブルを知っておき慌てず対処するために。

車が冠水・浸水してしまったら? 車が冠水・浸水してしまったら? はコメントを受け付けていません。

車が冠水もしくは浸水したら何よりも先にまずエンジンを切ることです。水たまりを抜けだすためにアクセルを全開にすると、排気管が水によって塞がれており排気できない状態なので、自動車本体にとっても車内にいる人にとっても危険なのです。ただし、エンジンを切ったからといって車内に残っていては浸水は続いていますので、短時間でドアや窓ガラスが開けられない状態になってしまいます。水圧によって外部からドアを抑えこまれているような状態になるため、自力では開けられなくなってしまうのです。そこで、エンジンを切って自動車を止めたら車内から脱出を図りまして、後続車による事故が起きないように避難をします。司会が悪い状況ですので、三角表示板を設置するのも忘れてはいけません。
}PgžxQもし、すでに水が1メートル近く上がってきていてドアが開かなくなったのであれば、自動車専用のハンマーで窓ガラスを割ります。事故が起きた時に安全なようにガラスの破片が散らばりにくくはなっていますが、ケガをしないように気をつけます。
そして水が引いてもすぐにエンジンをかけてはなりません。内部に水が浸入していて回路がショートしてしまう可能性があるので、修理屋に来てもらうかレッカー移動で修理工場へ運びます。

車が水没したときの対処と脱出方法とは? 車が水没したときの対処と脱出方法とは? はコメントを受け付けていません。

大雨や台風などの際に自家用車などで低地を走っていたときや線路の下を走っていたりして、渋滞に巻き込まれたときなど様々な状況が想定されますが、こうした際に急激に周りの水位が上昇し、車ごと水没してしまう危険性があります。
こうした際に脱出する手段ですが、ある程度水が来てしまうとドアが圧力によって開かなくなってしまいます。ではどうやって脱出、外へ出るのかが問題になります。
窓が開けばそこからという話になりますが、その窓も水に浸かっていれば開かない可能性が高く、中にいる人はパニック状態になる可能性が十分に考えられます。
川こうした際には、窓ガラスの上位部分で天井に近いあたりは若干薄い場合が多いので、そこを中心に叩き割って外へ出るようにします。数回ハンマーで特定の部分を集中して叩けば、女性やお年寄りなどでも簡単に割れます。一番いいのは車の運転席近くにこうした脱出時に使える窓ガラスにひびを入れて、叩き割ることができる専用のハンマーのようなものが売られていますので、こうしたものを常備しておくとよいでしょう。ホームセンターのカー用品売り場などに置いてありますし、もし分からなければ店員に聞けばすぐ案内してくれるはずです。

車を運転中に地震が発生したら? 車を運転中に地震が発生したら? はコメントを受け付けていません。

走行している最中に地震が起こると、かなり車が左右に揺さぶられるような感覚となります。
道路が隆起しているのかというように錯覚を覚えるものですが、停車してみてもその揺さぶられる感覚が続くということになるので、きが付くということもあるようです。
いつなんどきそういった自然現象が起こるかわからないため、車を運転している際にも安全に対処することが出来る様に心がけをしておくということも大事なことになります。
ポイントとしては、まずハザードをだして停車をする準備をするということになります。
突然揺れが生じたからと言って、自己判断で急停車するというのは、後続の車との接触ということを考えると避けるべきでもあります。
できるだけ徐々に減速をして接触を避けるとともに、ハザードを出しておくことで後続車の注意を喚起するということができるようにもなります。
–¼Ì–¢Ý’è-2停車できるような状態になった際には路肩など安全な場所に停車するようにしましょう。
また、万が一のことを考えると、車を止める付近に落ちてくるようなものがないかなどを確認できるのもベストです。
崩れてくるというようなことを考えると出来れば建造物等が近くにないような広い場所を見つけましょう。

うっかりキーを閉じ込んだら? うっかりキーを閉じ込んだら? はコメントを受け付けていません。

森林02自動車無いに鍵を置きっぱなしにしていたにも関わらず、自動車がロックされてしまい走らせることどころか乗り込むことすら出来なくなってしまったという経験をなさった方もいらっしゃるでしょう。
万が一キー閉じ込みが起こってしまった場合に備え、出張で現場まで来てくれる鍵の施錠業者の電話番号を携帯電話に登録しておくことをお勧めします。
車に乗るとしても地元からあまり出ないといった方の場合、十分に出張で来てもらえる場合が多いためいざという時に役立つと言えるのです。
しかし出張施錠業者の利用料金は非常に高いため、財布の中に自動車のスペアキーを入れておくといった対策を取ることから始めるのがベストだと言えるでしょう。
普段利用している自動車の鍵とは別にもう一つスペアキーを持ち歩くことを常習化しておけば、自動車の鍵を閉じ込んでしまった場合であっても全く苦労なく問題を解決できるため推奨できるのです。
自動車のスペアキーの製作は500円ほどで行なえるため、出張施錠業者を利用するのに比べると圧倒的に安い値段で行える対策だということを覚えておいてください。
自動車を日常的に運転しているといった方は、是非ともスペアキーの製作を検討してみるといいでしょう。

晴天下に放置した車の車内温度はどのくらい? 晴天下に放置した車の車内温度はどのくらい? はコメントを受け付けていません。

森林01春先から夏にかけて必ずといっていいほどニュースになる子供の車内放置による事件、これらの事件の背景には晴天下における車内温度の上昇について大人の理解が浅いため起きてしまう事故と言えます。意外と知られていない事実として車中の温度は8月、9月の炎天下では60度から80度でさらには春先でも日光の照りつける暑い日や海岸付近であれば50度近くに上昇することがあります。さらに驚くことは弱めのクーラーをかけていたとしても逆にエンジンからの熱を呼びこんでしまい温度が上昇してしまうことがあります。原因として、晴天下ではフロントガラスが凸レンズの役割を果たしてしまい、日光を増幅させてしまうのです。さらにシートの皮やビニール、ダッシュボード付近の樹脂で出来た素材が熱を溜め込み車内へ放出してしまいます。クーラーを付けていても日陰にいなければこれらの反射熱に負けてしまい機能を果たしません、加えて鉄製の天井やサイドのフェンダー部分からも熱を車内に取り込むこととなります。同じ状況下でも走行している車であれば進行により風を受けるため自然冷却されることとなり車内に熱が取り込まれることを防ぐことが出来ます。これから春、夏に向け自動車を持つ方はさらなる理解を深める必要があります。

万が一の車トラブル防止術 万が一の車トラブル防止術 はコメントを受け付けていません。

常夏車に乗っていると、自分で招いたことでなくても万が一のトラブルが発生することは珍しくありません。このようなとき、迅速に対応することで二次被害や大きな被害を防止することができますので、とにかく冷静な対応をすることを第一としましょう。例えば、走行中に違和感を感じたら、すぐに車を路肩に止めてハザードランプをつけます。そして、自分で分かる範囲のことは調査して、何も見つからないときにはJAFなどに連絡を入れてみましょう。基本的には、自分で恐らく大丈夫だろうと安易に判断するようなことはできるだけ避けて、違和感を感じたときにすぐに確認するだけでもかなりいろいろな状況でのアクシデントを防止することが可能です。これは車に関する違和感だけでなく、運転していて眠気が襲ってきたり、目がかすむなどの運転手自身のアクシデントのときにも言えることですが、走行中は万全の状態で運転するのが当たり前で、これくらいは大丈夫という判断で大きな事故を引き起こした例は数え切れないほどあります。多少の時間を惜しんで取り返しのつかないことにならないように、慎重を期して運転しましょう。また、いざというときのために発炎筒、停止表示器材などは常備しましょう。

走行中は運転に集中する 走行中は運転に集中する はコメントを受け付けていません。

人間というのは同時にいくつものことができるものです。
物を食べながらテレビを見たり新聞を読んだり、着替えをしながら会話をしたり、電話をしながらメモをかいたりなど、器用にこなすものでもあります。
しかし一つのことをいっぺんにするというのには多少なりともリスクが伴うということを実感した経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
絶対にミスをしたくないものに関しては一つだけに集中して取り組もうと心がけている人も多いものです。
特に車の運転というのは命を運ぶという事と同じことでもあり、集中をするということが欠かせないと言えるのではないでしょうか。
走行中に関しては特に、しっかりと運転をし、安全確認をするということが必要になります。
運転のみならず回りの状況を確認し、交通規則を守りながらという作業をする必要があるので、それ以外のことを同時にするというのは無謀という事を感じられるのではないでしょうか。
芝桜携帯電話を掛けながらの走行がNGという事なのも、運転に支障が出てしまうということがあります。
しっかりと運転をし安全に走行をし続けるためにも、まずほかのことを後回しにしてでも、運転をしっかりと集中して行える環境を自分自身で作るということが大事なのです。

こまめな整備点検を怠らない こまめな整備点検を怠らない はコメントを受け付けていません。

自動車を運転するうえで、気をつけなければいけないことは交通ルールを守ることや、歩行者に気を配ることばかりではありません。
自動車の所有者には、自動車そのものを整備点検する義務が課せられているのです。
自動車の定期的な点検には、車検があります。
2年あるいは3年に1回、車検を受ける義務があるため、それにより整備不良のまま走行する自動車を減らすのに役だっています。
とはいえ、車検は2年や3年に1回だけです。
その間に自動車が故障することは十分有り得る話です。
自動車には高速で動作するパーツが数多く使われています。
外観からは分からない劣化や故障も有るかもしれません。
そして、故障や破損が高速走行中に起きれば、自分のみならず、周囲に多大な迷惑を掛けます。
}PgžxQ自分が死亡してしまっても、家族に賠償責任がかかる可能性もあります。
そのような事態を未然に防ぐために、定期的な点検や整備は欠かせません。
ガソリンスタンドなどでも、基本的な整備は行えます。
そうした簡単な整備でさえ、なかなか徹底しているオーナーは多くありません。
テレビで報じられない事故の中には、整備しておけば防げた事故も数多く発生しています。
数ヶ月に一回行っておくことで、格段に事故を防げるようになるでしょう。

トラブルを未然に防ぐために トラブルを未然に防ぐために はコメントを受け付けていません。

車に関するトラブルと言えばどうしても事故や故障を想像しがちですが、それ以外にも気を付けなければならないものとして対人関係が挙げられます。当然、車は人間が運転するものですから様々な性格の運転者がいます。ゆっくりと自分のペースで走る人もいればとにかく早く、誰よりも先に行きたいと思いイライラする人です。山02祖全員が前者のようなドライバーなら事故も少なくなるのですが残念ながら後者のような人達も大勢います。さらにそういう人達は譲り合いの精神が欠けているので狭い道路で前後から侵入して来た場合、どちらも譲らず罵声を飛ばしひどいときには暴力事件にまで発展することがあります。こういった事象を防止するには運転者自身が大らかな気持ちで、常に歩行者や自転車、そしてドライバーである対面者にも思いやりの気持ちを持って接することが必要になります。しかしながら運転者の一方がこのような気持ちでも相手がそうでない場合は衝突を防止するためにも、必要以上に相手を刺激せず、優しく論理立てて諭し、それでも納得しない場合はこちらが折れて道を譲りましょう。すっきりしない気持ちが残るかも知れませんが、相手が世間知らずで可哀想であったと思えばいいと思います。