よくある車のトラブル

トラブルを知っておき慌てず対処するために。

こまめな整備点検を怠らない

自動車を運転するうえで、気をつけなければいけないことは交通ルールを守ることや、歩行者に気を配ることばかりではありません。
自動車の所有者には、自動車そのものを整備点検する義務が課せられているのです。
自動車の定期的な点検には、車検があります。
2年あるいは3年に1回、車検を受ける義務があるため、それにより整備不良のまま走行する自動車を減らすのに役だっています。
とはいえ、車検は2年や3年に1回だけです。
その間に自動車が故障することは十分有り得る話です。
自動車には高速で動作するパーツが数多く使われています。
外観からは分からない劣化や故障も有るかもしれません。
そして、故障や破損が高速走行中に起きれば、自分のみならず、周囲に多大な迷惑を掛けます。
}PgžxQ自分が死亡してしまっても、家族に賠償責任がかかる可能性もあります。
そのような事態を未然に防ぐために、定期的な点検や整備は欠かせません。
ガソリンスタンドなどでも、基本的な整備は行えます。
そうした簡単な整備でさえ、なかなか徹底しているオーナーは多くありません。
テレビで報じられない事故の中には、整備しておけば防げた事故も数多く発生しています。
数ヶ月に一回行っておくことで、格段に事故を防げるようになるでしょう。

コメントを受け付けておりません。