よくある車のトラブル

トラブルを知っておき慌てず対処するために。

車が水没したときの対処と脱出方法とは?

大雨や台風などの際に自家用車などで低地を走っていたときや線路の下を走っていたりして、渋滞に巻き込まれたときなど様々な状況が想定されますが、こうした際に急激に周りの水位が上昇し、車ごと水没してしまう危険性があります。
こうした際に脱出する手段ですが、ある程度水が来てしまうとドアが圧力によって開かなくなってしまいます。ではどうやって脱出、外へ出るのかが問題になります。
窓が開けばそこからという話になりますが、その窓も水に浸かっていれば開かない可能性が高く、中にいる人はパニック状態になる可能性が十分に考えられます。
川こうした際には、窓ガラスの上位部分で天井に近いあたりは若干薄い場合が多いので、そこを中心に叩き割って外へ出るようにします。数回ハンマーで特定の部分を集中して叩けば、女性やお年寄りなどでも簡単に割れます。一番いいのは車の運転席近くにこうした脱出時に使える窓ガラスにひびを入れて、叩き割ることができる専用のハンマーのようなものが売られていますので、こうしたものを常備しておくとよいでしょう。ホームセンターのカー用品売り場などに置いてありますし、もし分からなければ店員に聞けばすぐ案内してくれるはずです。

コメントを受け付けておりません。