よくある車のトラブル

トラブルを知っておき慌てず対処するために。

万が一の車トラブル防止術

常夏車に乗っていると、自分で招いたことでなくても万が一のトラブルが発生することは珍しくありません。このようなとき、迅速に対応することで二次被害や大きな被害を防止することができますので、とにかく冷静な対応をすることを第一としましょう。例えば、走行中に違和感を感じたら、すぐに車を路肩に止めてハザードランプをつけます。そして、自分で分かる範囲のことは調査して、何も見つからないときにはJAFなどに連絡を入れてみましょう。基本的には、自分で恐らく大丈夫だろうと安易に判断するようなことはできるだけ避けて、違和感を感じたときにすぐに確認するだけでもかなりいろいろな状況でのアクシデントを防止することが可能です。これは車に関する違和感だけでなく、運転していて眠気が襲ってきたり、目がかすむなどの運転手自身のアクシデントのときにも言えることですが、走行中は万全の状態で運転するのが当たり前で、これくらいは大丈夫という判断で大きな事故を引き起こした例は数え切れないほどあります。多少の時間を惜しんで取り返しのつかないことにならないように、慎重を期して運転しましょう。また、いざというときのために発炎筒、停止表示器材などは常備しましょう。

コメントを受け付けておりません。